運営者日記

野菜をとらないと動脈硬化になる?

「野菜を食べなさい」とよく言われますが、一体なぜなのでしょうか?
そんな疑問を持っている方は、結構多いのではないでしょうか?
まず、野菜をとらないと血液がドロドロになり、体調を壊してしまいます。
肩こりがしたり、疲れやすくなったりと体に色々な変化が出てきます。
そして、そのままずっと野菜を食べないと動脈硬化や高血圧になる危険があります。
動脈硬化や高血圧になってしまうと、命に関わる病気に発展する可能性が高くなります。
だから、野菜を食べた方が良いのです。
野菜を食べることで、血液の流れが良くなるので、動脈硬化や高血圧になるリスクが減ります。
ただ、中にはそのことを分かっていても、野菜が嫌いで食べられない人もいるでしょう。
そんな人は、青汁を飲むようにしましょう。
青汁には、野菜や果物などの豊富な栄養が含まれています。
そして、今の青汁は野菜の臭みなどが少ないので、野菜嫌いな人でも飲めるように作られています。
特に「やずやの養生青汁」は、飲みやすさにこだわっているので、そんな方におすすめです。
また、にんにく卵黄で知られている「やずや」で製造されているので、品質も良く安心して飲むことができます。
野菜を食べることができない人は、こういった青汁などを使用して野菜不足を解消してください。


 

マネモ