保険の転換

保険の転換

保険を変更する際に『転換』という制度があります。

転換というのは、同じ保険会社の新しい保険に変えたいときに、現在契約している保険を会社側に下取りしてもらって新しい保険で契約するというものです。

解約して新たに契約する方法との違いを説明すると、Aという保険を解約したときに戻ってくる解約返戻金相当の価格で下取りしてもらい、その下取りしてもらった金額をB保険を契約する際の頭金にするということなのです。

解約して返戻金を受けとるのではなく、転換することのメリットというと、頭金を納めたおかげで新しい保険の毎月の支払いでの負担が軽減されるということです。

デメリットといえば、これまでの保険内容は一切引き継がれないという点です。

そのため、最初の契約年齢が若く保険料も低かったとしても、新しい保険では新たな契約年齢になってしまうのです。

この転換という制度を知っておかなければ、保険会社側が勝手にこの制度を使っていることもあるので注意が必要ですね。

オススメ~
エピレの口コミはコチラ

 

マネモ