生命保険見直しの基礎知識

結婚したときの生命保険見直し

これまでは独身で、自分にとっての保険で良かったのが、結婚することで守るべきパートナーができるわけです。

独身時代の生命保険では、不安でいっぱいと考えてもいいでしょう。

まず、独身時代と結婚してからの見直しの違いは、自分の分だけではなく、パートナーの保険も同時に見直すということです。

自分の分だけを見直すのではなく、相手の保険内容と照らし合わせていくことで必要な保障というのが見えてくるはずです。

また、どういった夫婦であるのかによっても違います。

共働きであるのか、奥さんは専業主婦であるのかによっても、旦那さんの死亡保障額が大きく違ってきます。

さらに、今までは自分の入院費や治療費をカバーするだけでよかったところが、入院費等で家計を圧迫してしまわないように保障額を検討しなくてはいけません。

独身の頃は、自分に負担がかからないようにでしたが、結婚してからは相手に負担がかからないための保障というのがポイントとなってくるのです。

 

マネモ