生命保険見直しの基礎知識

教育資金のための保険見直し

自分自身が学生のときはまったく気付きませんが、教育には莫大な資金がかかります。

子供一人に大学卒業までにかかる教育資金は、軽く1000万円は越えてしまうのです。

その1000万円は、どのようにして貯めますか。

自分自身で貯金する方法と保険をかけるという方法があります。

どちらが良いかというのは難しいですが、貯金の場合、何らかの理由により途中で使わなければいけなくなったとき、貯まっているだけしか使えないことになります。

学資保険やこども保険といわれるような保険で教育資金を貯めておいた場合、いくつかのメリットが期待できます。

まず、入学のような節目ごとにお祝い金が受け取れたりします。

さらに、学資保険の場合、親が契約者になることがほとんどで、被保険者は子供になります。

契約者である親に万が一のことがあった場合、保険料の支払いが免除されますが、満期分の保険金を受け取ることができます。

教育資金は高額になるのは間違いないことなので、子供が生まれた時点で何らかの対応策を考えるようすることをオススメします。

 

マネモ