生命保険見直しの基礎知識

延長保険にする

払い済み保険のように、保険料の支払いを中止して保険契約は延長させる方法があります。

それが、『延長保険』というものです。

延長保険は、保険料の支払いは中止しますが、保障額はこれまで通りにしておきたいという時に使える方法です。

保険を解約したときに戻ってくる解約返戻金や積み立て金を充てることで、死亡保障だけが受けられる定期保険に変更することになるのです。

延長保険と払い済み保険の違いは、期間は短縮するが保障額はそのままにするのか期間を変えずに保障額を小さくするのかという部分です。

延長保険のメリットといえば、これまで支払っていた保険料分の余裕がでるという点ですが、特約がなくなってしまうというデメリットがあります。

入院や医療の特約を付けていた人は、これまで支払った分が無駄になってしまうと考えてもいいかもしれません。

また、もしもの時に不安が残ってしまいます。

さらに、延長保険に変更する際には、保険に加入したときと同じように審査や告知が必要になることが多いので、安易に変更できるものではないのです。

 

マネモ