生命保険見直しの基礎知識

就職したときの生命保険見直し

就職すると最初のうちに保険のセールスレディが頻繁にきて、新入社員に向けて生命保険を勧めることがあります。

学生のうちは、親が生命保険を掛けてくれていたり、未加入で.あったという人が多いのですが、やはり、社会人になり自分のことは自分自身で責任を持たなければいけないという現われなのかもしれません。

就職したときに生命保険を見直すことでポイントとなるのが、年齢です。

保険料というのは、若いほど安くなるのです。

そして、まだ結婚を考える年齢でもないので、死亡保障もそれほど高額にする必要もありません。

若いときに手厚くしておきたいのは、ケガや病気です。

遊びに行ったとき、もしも病気をしたときのために備えておく方が良いのです。

さらに、将来の結婚や住宅購入という大きな出費に備えて、貯蓄も付けておくと安心です。

生命保険は歳をとってから考えればよいというのではなく、現在の年齢に見合った保障、さらに将来の目的を兼ね備えた保険を検討するのが大切です。

 

マネモ